読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽と人

2017年4月号の音楽と人

f:id:monarizano-senakayorimo:20170308110500j:plain

あ。間違えた。これは友人から

 

「高橋くんの、おちちむぎゅーのやつ貸したろか?」

 

と言われ、鍼灸治療院に行った後、その足で

友人の家にそそくさと取りに行った

an・anだった。

 

私きっと

心身共にこじらせてると思う。

 

帰り道、絶対に事故らないように、いつもよりも

慎重に帰る。

 

右手には、おちちむぎゅーの高橋一生

左手にはスーパーで買ったウイスキー

身体には、鍼灸の跡。

保険証を見たらアラフォー。

 

この装備で救急搬送されるわけにはいかない。

救急隊員に

 

「地獄だな」

 

と思われてしまう。

 

だから、いつもより300倍増し気を付けて帰宅した。

 

 

 

  

さて、「音楽と人」こっち!

f:id:monarizano-senakayorimo:20170308110534j:plain

音楽誌を買うのは約20年ぶり。

ASKAさんとエレカシ以外、全然分からない……。

 

中田裕二さんという方に関しては、

爆笑問題

田中裕二さんの顔で脳内変換される。

 

若い頃、こんなBBAにはなりたくないなぁ……と、

嫌悪していた「今の音楽を知らないBBA」

自分が確実にその路線を歩んでいることを、

この音楽誌から気づかされた。

 

そう思うと若手ミュージシャンにも同じ目線で、

どんどん歩み寄るASKAさん。死ぬまで進化するんだろうな。

 

ASKAさんの記事を書いた金光さんて方の文章が響く。

インタビューの冒頭、金光さんの記述を引用します。

 

「アルバムのリリースや取材に関して、いろんな声があるだろう。

しかしやはり、彼はミュージシャンなのだ。反省も後悔も決意も、

音楽でしか表せないのだ。そのことをこのアルバムが証明している。

ASKAの音楽に救われ、人生の一部になってしまった人たちに、

そして心無い一連の報道に傷ついた人たちに、このインタビューを贈ります」

 

私、

この冒頭だけでご飯3杯は食べられる。

ASKAさんに近づき過ぎず、遠すぎず、

イイ塩梅。

この冒頭を読むたびに儀式のように涙が出る。

 

ASKAさん、SPA!のインタビューは

700番出版に伴った編集社との

大人の事情だとか、双方きちんと約束事を果たしたな

といった、マニュアルをこなした感があったけど、

 

音楽と人

ここはASKAさんの

居場所だなって思った。

そしてライターの金光裕史さん。

何かと万能過ぎる。

情熱大陸で密着してくれないかなー。

 

あ。高橋一生も良かった(笑)