C&A

ほぼC&Aのコトしか書いていないのでブログ名変えました(旧:川の流れに身を任せたまに溺死しそうになる)

自分と向き合う作業3 ~私の真ん中にあるC&Aの言葉~

私は、中学の頃から放送業界で働きたいと思っていた。

テレビっ子、ラジオっ子だったし、

文章を書くことが好きだったから。

 

高校卒業後は、放送関係の専門学校に入った。

私は高校時代から、放送業界に種を撒いていた。

それが実り専門学校入学後は、着々と話がすすんだ。

そして、憧れの放送業界で働くことになった。

いつかC&Aと一緒に仕事をしたいと思っていた。

 

ずっとやりたかった仕事だったし、やればやる程、

周囲は認めてくれて、それは仕事量に反映された。

 

ASKAさんがインタビューで言っていたこと。

 

☆「僕はいつも、少し無理をしようと思っています。

無理をしなければ、何もひらけてこない」

 

☆「Aの道とBの道。最初にAの道を行ったけれど、

やっぱり違うと思って引き返してBの道を進んだ。

結果Bの道を進むことになっても、

Aの道に進んだ行為は決して無駄ではない」

 

あと、もう一つ。これはCHAGEさんだったか、

ASKAさんだったか……どちらか(^▽^;)

 

☆「壁があると思うから壁が出来てしまう。

壁なんか実際は無いんだから、意識しなければひょいと進める」

 

この言葉たちが大好きで、いつもこの言葉を反芻しながら

何事も、もうひと頑張り、ふた頑張りできた。

 

この言葉の数々が私の人格形成の「真」の部分になっていると思う

 

何かを変えようとする時、いつもこの言葉たちを思い出した。

そして支えられ、突き動かしてくれた。