C&A

ほぼC&Aのコトしか書いていないのでブログ名変えました(旧:川の流れに身を任せたまに溺死しそうになる)

700番 本音の感想(謎は残るけど)

番外編で、ちょっと箸休め。

発想の転換についての章。

 

「パンが飛び出すトースター」の言葉がキャッチーで

思わず声に出して言ってみた(笑)

 

そして前半の感想にも書いたように、全てを読み終えた後、

この章に心の落ちどころがあるように思い、付箋をはっつけた。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

第三巻

退院から5か月後

「お父さんは何もやっていないんだから大丈夫。すぐに帰ってくる」

 

番外編から、またガラリと変わり胸がギュッと痛くなる書き出し。

ジェットコースターでいうところの、てっぺん。緊張する。

これから一気に滑り出してゴールに向かうんだなという感じ。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

組対5課が到着するまでの数分。

その間のASKAさんのめくるめく思考が、今回の不起訴を導いた。

冴えているの一言では済まされない。

700番まだ読んでいない人もいるだろうし、

私が書くこっちゃないのでASKAさんのめくるめく思考と、

お茶の詳細についてここでは触れないけれど、

この思考回路が、ASKAさんが天才と言われるゆえんだなと思う。

 

自伝本が、こんなに本格派ミステリー小説みたいになるなんて。

 

一連の出来事は、

天才に与えられた神様からの「試練」だと思っていたけれど、

 

ASKAさんは、「使命」と書いている。なるほど。

どんな使命?

 

・日本のサイバーに対する脆弱さに対しての警鐘

国策捜査

・隠蔽体質

・マスコミの有り方

・回すべき所へのお金

(本やCDの売り上げ、

被災地や、坂上忍さんが言ってたワンちゃんのこととかに

役立てるんじゃないかな)

 

私が想像できるのは、そのくらいだけどASKAさんは

まだまだ沢山の思いがあるんだろうな。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

この本全体を通して、ASKAさんは誰のことも悪く書いていない。

 

みんなそれぞれの仕事と立場があり、

それを全うしているだけと主張している

 

……裏を返せば人は自分の仕事や

立場を全うする為に

他人を犠牲にすることが結構ある。

 

それぞれの仕事、立場を全うしようとする

医者、署の警官、組対5課、看守、検事、弁護士。

 

それぞれが発する言葉の裏には

それぞれの真意や、ねらい、企み、嘘、がある。

もちろん、その中に本音や真実もある。

 

でも、何度読んでもそれぞれの心の内は分からない。

読者の想像にゆだねられている。

 

私が唯一、ASKAさんの絶対的な味方だと感じられたのは

弁護士くらいだったかな。

でもASKAさん、その弁護士の言った通りにしなかったけど(笑)

 

そこは私、「ASKAさんらしさ」の魅力だと

心底思っていて、再度ASKAさんに惹かれた。

やぱりASKAさん面白いし、ハラハラさせてくれて

飽きさせない。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

弁護士とは逆に言葉の裏がメッチャ有りそうなのが

組対5課の、野中さん。

ASKAさんとはライアーゲームさながら

騙し合いのような会話が繰り広げられる。

でも、そんな野中さんが憎めないキャラで描かれている。

 

本来は天敵である、野中さんに親しみさえ持っているような表現。

そこに、勝者ASKAの余裕が感じられて爽快。

 

ここにASKA有り。

ASKAさんの真骨頂だと感じる所で

悶絶するほどカッコイイ。

 

さて、そんな言葉の裏を逐一探ってしまう野中さんの

台詞だけれど、

意外にも私の心の落ちどころは

野中さんの言葉にあった。

 

「組体5課の仕事はSST

 

(スピード・センス・タイミング)

だぞ」

 

野中さんが先輩から教わった言葉で、それをまた

自分の後輩に伝えるシーン。

 

野中さんは、

「スピード・センス・タイミング」

この全てにおいてASKAさんに負けたんだ。

 

もう一つ言えば、何らかの圧力は、

「スピード・センス・タイミング」

この全てにおいてASKAさんに負けたんだ。

 

ASKAさんは、

事実という一つだけの武器だけを持ち、

「スピード・センス・タイミング」

を駆使して戦った。そして、

「真実は一つ」の不起訴を勝ち得た。

 

 

そう思い、700番に描かれているASKAさんの

昔のエピソード を読み返してみると、

いつの時代のASKAさんも

「スピード・センス・タイミング」

に長けていると気が付く。

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

結局、謎は一部解決されていない。

 

もう、解決の仕様がないから。

解決したら都合が悪い機関や偉い人が居るから。

いやASKAは、やはりクロだ。

 

色んな人が色んなことを言う。

 

ただ、ハッキリしている現実はこう!!

 

ASKAさんは不起訴。真実は一つ

 

私はASKAさんが好き!!

 

先にアップした辛口の感想も全てをひっくるめて

 

「だって、ASKAは生粋のカリスマなんだもの!!」

 

と着地させることがASKAファンの私にとっての正解だ。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

そして、全てを読み終えた後、クールダウンさせる為に、

付箋をはっつけた、

パンが飛び出すトースターを読み返す。

 

あっ!これも

「スピード・センス・タイミング」が

揃ったからこその、大ヒット商品やん。と思う。

 

 

 

                                   以上

700番 本音の感想(一部辛口)

700番。遅ればせながら読み終えました。

 

 

そっかー。パンが飛び出すトースターは日本人が開発したのか。

 

全てを読み終えた後、意識的にグイーッとこの平和的な章に

気持ちを持っていかないと心のザワつきが治まらないだろうな。

 

そう思って、読んでいる途中、トースターのページに

思わず付箋をつけた。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

しょっぱなの所、「はじめに」の数ページを読むのに

15分程かかってしまった。ASKAさんらしい

比喩の言葉で紡ぎ出された文章から、ASKAさんの

心の叫びが絞り出されていた。ASKAさんが

ブログでは決して吐露しなかった、激しい後悔と

再起に向かってもがく姿が強烈。読んで数行程で、鼓動が大きくなり、

ボトボトに泣けてきた。私は、自分の気持ちを逃がすように、

「あぁ、しんどいなぁ。どうしよう」と言って大げさにため息をつく。

そうしないと先に進めない。そして少しずつ同じ行を

何回も何回も読み直しながらASKAさんの思いをゆっくりと吸収した。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

しかし本編からは、イメージがガラリと変わる。

本編は感情的な表現は、ほぼ無く

出来事のみに特化した内容。流石の文才と構成でサクサク読めた。

あー。良かった。一安心。

 

前半は、病院の話を縦軸に、ASKAさんの昔のお話が、

ちょいちょい挟まれていて、気持ちを分散させながら

重くなり過ぎずそして飽きずに読めた。

 

p65にある剣道の「待ち剣」相手が打ってくるのを待って

防御から攻撃に転じる手法の話が印象的。

 

こういう所からASKAさんの自己プロデュース力が

生まれるんだな。何でも取り入れるなと感心した。

 

分かりやすい所でいえば、今年1月にアップされた

ASKAさんのブログ。

 

ASKAブログ「噂」アップ→

ASKAブログ「朝焼け(UFO話)」アップ→

マスコミが面白がってASKAを病気扱いする→

ASKAブログ「一部のメディアの素性が見えたでしょう?」アップ

の流れも、「待剣」なんじゃないかと思う。

 

違うかもしれないけど(^▽^;)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

あと、私、以前の自分のブログで芸能リポーター

ASKAさんの未発表の曲を無断で流した件について、

腹はたつけど、自分も元テレビ業界にいたからその気持ち、分かる……

とか書いてしまったけど、撤回!!!

700番を読んだら、

 

やっぱあの人ダメだな。

 

情状の酌量なしだ。と思った。

ASKAさんの失敗に世の中が寛大でなかったのと同じように、

あのリポーターの失敗に世の中は寛大になってはいけないと思った。

ミヤネ屋での放送終了後の電話の件を読んで益々そう思った。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

あと前半を読んで、正直に私が一番感じたこと。

ASKAさんは病院や拘置所において一般の人より恵まれている。

病院の看護師も、拘置所の看守も気さくに話かけてくれて、

時にはマニュアルに背いてまで、とても良くしてくれたような

記述がある。

このASKAさんの1回目の逮捕から強制入院。

もしも、これが自分の身に降りかかってきたことだと想像したら。

果たして看護師や看守はASKAさんにした時と同じように、

あれやこれや、私にしてくれるだろうか?

それに、病院まで駆けつけてくれる親しい弁護士もいない。

これが私だったらどうなってしまうんだろう……。

そう思うと肝が冷える。

 

やはりASKAさんは恵まれていると思う。

でもそれは勿論、ASKAさんの人徳や

今まで築き上げたものの結果だけど。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

それと……

私の母は、重度の統合失調症で入退院を繰り返していたから。

ASKAさんの書いた一文で、傷ついた所があった。

 

p25の閉鎖病棟に居た人たちのこと。

よだれを垂らしながら廊下を見ている。

大きな声を上げながら喚いている。

裸で部屋中を歩いている。そんな人たち。

その様子を見てASKAさんは、

 

「私はなぜここにいなければならないのか」

 

って書いている。

 

「この人たちと僕は違う!」と思う気持ち。とてもよく分かる。

でも、もう少し配慮のある書き方をして欲しかったな。

 

この人たちは、真面目すぎて、優しすぎて、繊細すぎて、

頑張り屋すぎて、そうなってしまった人たち。

700番を読んでいる人のご家族の中にも今、

精神病院でそうして戦っている人がいるかもしれない。

 

そして、強制入院を選択しなければいけない家族にとっても

それは地獄だ。息子を強制入院させた人は、その息子に。

娘を強制入院させた人は、その娘に。

母を強制入院させた人はその母に……

 

殺される夢を見るんです。

 

これは、統合失調症の家族を持つ会に参加した時に、

みんな同じような夢を見ていると知った。

 

無理やり入院させた時の、あの時の母の目。

憎しみしかない鋭い目で私をいつまでも睨み続けていた。

それが脳裏に焼き付いて毎日のように

母から殺される夢を見ていた。

何年も見続けていた。寝るのが怖かった。 

 

精神を患っている本人も家族も、しんどいから。

だからもう少し他の表現にして欲しかったなぁ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

前半は、そんなことを思いながら読みました。

700番をお迎えする準備(笑)

今日は700番の発売日。

書店には一足先に並んだみたいだけど、

Amazonからは今日、発送されたそう。

 

届くの明日かぁ~。でも明日は仕事だしなぁ。

結局、受け取るのは19日(日)になるかな。

 

そうだ。700番をお迎えする準備をしよう!

 

f:id:monarizano-senakayorimo:20170217210229j:plain

玄関に花を生けて飾ってみたりした(笑)

 

と、言っても流石に

 

700番の為!!!

 

というわけでなく、たまたま友人の家で

「♪酒とバラの日々」よろしく

お酒を呑みながら花を生ける会があったからお邪魔した。

 

でも正直……お花を教えてくれた友人に

「これでASKAさんの本を気持ちよく迎えられる!!」

って思わず言ったのも事実(^▽^;)

なんだろう。これはもう、ビョーキだ。

 

その友人は芸能情報に興味が無いので

「何かよく分からないけど良かった」

と言ってたけど(笑)

 

お花、19日までもつかなー。

好きなアーティスト

とあるワークショップを受講できることになった。

 

舞台の座長を務める俳優さんのワークショップ。

数年前に友人に誘われて、その方の舞台を観に行って

圧倒された。それから毎年、その舞台を観に行くようになった。

 

そして今年は、その俳優さん主催のワークショップが開かれるとのこと。

「自分にしかできない表現、言葉を使って伝える」ということを

学べるらしい。

 

こっ……これは!!今まさに私が必要としていること!!

 

気合を入れて応募したら、参加のお知らせがキターーー!!

 

あら?そして添付ファイルが。

 

開いてみると、宿題だった。ワークショップの日までに

しなければいけない宿題。

 

うん。小学生の冬休みの宿題くらいの量がある(´・ω・`)

 

マジかー。マジかーーー。

一夜漬けで出来る内容ではないのでコツコツやろうじゃないか。

 

さて。その中に、好きなアーティストを書く項目があった。

ちょっと躊躇してしまった自分が情けない。

 

大人だから……色んなことを考えてしまう。

まだどうしても渦中の人だし。

ギョッ!とされるかな?

リアクションしづらいんじゃないかな?とか。

 

でも、やっぱりこの人たち以外、考えられない。

 

CHAGE and ASKA

 

アンドをandと表記するこだわりも見せておいた(笑)

 

でもでも、その後に

(今はちょっと大変な時期ですが(;´∀`)

という緩和剤的な言葉を添えてしまう私でした。

 

そう書き添えとくことで、場が和むかなと思って……。

と、自分に言い訳。

ASKAさんを、全力で贔屓したらこうなった

「あのASKA」

 

今、「あのASKA」と言われたら、

世間のイメージの「あの」は決していいイメージではない。

 

これから5本の矢を放つASKAさん。

全ての矢が的に命中したならば、

世間で言われる「あのASKA」の「あの」のイメージは好意的な

イメージになるはず。

 

 

ASKAさんは、自分の名誉の為に矢を放つわけではない。

 

ASKAさんの家族、スタッフ、ファンが、

また堂々と胸を張って、

ASKAの家族です!

ASKAのスタッフです!

ASKAのファンです!

 

と、言えるように矢を放つんだと思う。

 

噂で一番翻弄されたのはASKAさんだけれど、

 

その噂によって変えられた自身の周りの人たちのこと。

ASKAさんは、そこに一番、胸を痛め、

責任を感じているんじゃないかと思う。

 

全ては自分の為ではなく、ASKAに関わる周囲の為。

「あのASKA」

「あの」

のイメージを軌道修正する為に、ASKAさんは今、

誠意のカタマリとなって的をじっと見つめているような気がする。

 

それでも私がマスコミを強く批判しない理由

ASKAさんの一連の騒動で、私は

 

マスコミに、えげつなく腹が立っていて

でも決して強く否定する気持ちも無い

 

ずーーーっとモヤモヤしているから書き出してみる。

 

 まず、根底にあるのは、私自身が10年弱、

番組制作の仕事をしていたこと。

 

理不尽なことや、イヤなこともいっっっぱいあったけど、

それ以上に、刺激的で、面白くて、研ぎ澄まされて、

吸収して、認めあって、成長して、貴重な出会いがあって、

自信を持つことができた。

 

今の私があるのは、放送業界で働いていた過去があるからだと

断言できる。

 

私がマスコミを強く批判しない理由① 

ジレンマ

 

ASKAさんが2度目の逮捕をされた時、マスコミは行き過ぎた報道合戦を

繰り広げた。勿論、それは私も強烈に腹ただしかった。

特に、芸能リポーターが、無断でASKAさんの

未発表の曲をテレビで流した時は、思わず

「バカなの!?」と、声が出た

 

ただ、冷静になってみるとリポーターがあそこまでやってしまった気持ち、

私は、何となく分かる。

番組制作。特にワイドショーでは、より過激なものを。

よりオリジナリティーのあるものを求められる。

マンネリでいるとすぐ振り落とされる。

だから、気が付くと追いつめられて、周りが見えず、

時に善悪の判断を見失ってしまう。

 

でも実際、視聴者の多くもモラルのカタマリのような真面目な番組よりも、

少しモラルに欠けた下品な番組の方が見ていて面白いと感じているだろう。

それはしっかりと視聴率に出るから。

ちゃんと需要と供給が成り立っている(´・ω・`)

 

それと、どうしても風潮があって、

流れに逆らって報道する事が出来ないという

暗黙のルール

制作側も結構、「あれ?これちょっと違うんじゃないかな」と

思うことがある。でもそうせざるを得ない。

例え、疑問があっても、日々、大量のニュースを処理しなければいけない。

なので、一つ一つに疑念を投げかけることが出来ない。

疑念を持つと負け。長いものに巻かれなければやっていけない。

 

あとこれは、感情的な話になるけれど、

マスコミにも良心を持っている人は沢山いる!

私の大好きな友達は今も良心バリバリで働いている。

 

理由②

ファンがタレントのイメージを

悪くすることもある

 

タレントのファンが、あまりにもマスコミに否定的だと、

タレント自体のイメージも悪くなりかねない。

万が一、マスコミに大々的に抗議するファンが出てきた場合、

番組が「ASKAの熱狂的ファン」なんていう切り口で、

一部のトリッキーになってしまったファンを取り上げたら……。

それがASKAさん自体のイメージと直結してしまう。

番組は切り口次第で、タレントのイメージを面白おかしくできるから。

私は、そこを少し心配している。

 

ただ、ASKAさんが権力のある事務所に所属していたり、

巨大なバックボーンがあれば、話は違ってくると思うけど。

でも今の所、個人レーベルでいくみたいだし……。

 

理由③

ファンからの批判に対して、

マスコミは痛くも痒くもない

 

ファン(一般視聴者)から向けられるマスコミへの批判は、

プロ野球を観に行って、外野席からヤジを飛ばしているようなもの。

マスコミは慣れっこ。

 

ただ、ASKAさんご本人が法律のプロをたててマスコミと争うというのは、

とっっっても意味のあることだと思う。

何としてでも絶対にASKAさんの納得のいく結果にしてもらいたい。

 

つまり、親(←ASKAさん)の喧嘩に子供(←ファン)が

口出ししてはいけないと思っている。

 

 

理由④

ASKAさんが今後、芸能活動をする上で

マスコミとは切っても切り離せない

 

これは、このまま(笑)

 

理由以上。自分で書いていて、あぁ、私はそう思っているのかと

脳が落ち着いた(*´▽`*)

 

 

さて、ASKAさんの本の

出版日が決まって、私も予約済。

 

出版後、マスコミは、また大騒ぎするのかな。

それとも出過ぎた杭となったASKAさんを

腫れものにでも触るかのように案外サラっと受け流すのかな。

どっちに足並みを揃えてくるのだろう。

 

私の考えは、後に控えているアルバムのことをメディアも

賞賛する用意をしているみたいだから、本もそんなに

叩かれないと思っている。

 

……そう思いたい(^▽^;)

 

それにしてもASKAさんは、やっぱりカリスマ性が半端ない。

世の中を客観的に見て、流れを予測して。

本当にASKAさんの行動には一つ一つ意味があった。

 

youtubeでFUKUOKA→700番→アルバム

 

この順番に間違いは無かった!!

カードのチョイスと出すタイミング、完璧だった!!

本格復帰までのシナリオ。自己プロデュースが芸術的に美しい!!

人生を飛行機に例えて話をしていたら、友人から衝撃的な一言!

私は、8年間の結婚生活を経て36歳の時に離婚をした。

今風に言う所の円満離婚。

 

根底にあるのは、お互いに結婚に飽きた(^▽^;)ということと、

周囲から「いつも仲がイイね」と言われ続けていたので、私の中で

「仲が良い夫婦でいなければいけない」とマストになっていて、

普段、喧嘩をほとんどしなかったこと。

 

わたしはストレスが限界になるまで、

それを感じないようで、コップの中の最後の一滴がこぼれて

初めてストレスに気が付いてドカン!となってしまう

厄介なタイプだとこの時に察した。

 

離婚してから今、大阪で住んでいるマンションも

インターネットで見ながら元旦那と一緒に決めた。

なかなか斬新な離婚だったと思う。

 

んで、離婚してから中学からの友人と

理想の結婚について話をしたことがある。

ASKAさんは、人生を船に例えていたけれど、

私は、よく飛行機に例える。

 

「私の理想は、夫婦がそれぞれ自立していること。

一緒の飛行機に乗るのではなくて、

それぞれに自分の飛行機を運転して並走飛行する。

そして行きたい国があれば一緒に立ち寄ればいいし、

片方が行きたくないのであれば、行きたい方だけがその国に行って、

またどこかで待ち合わせをすればいい。

そして、どちらかが燃油不足になったら分け合って飛行したらいい」

 

どうだイイこと言っただろう!!といった感じで

私は意気揚々と友人に話した。

 

そうしたらそれを、うんうんと聞いていた友人が

 

 

 

「ほんなら、結婚せんでもいいやん」と。

 

 

はぁぁぁ。なるほどねー。結婚にこだわる必要はないと。

もの凄いパンチのある一言だった。

 

不意打ちのアッパーを食らって、ヨロヨロだけど。

でも、まだ引き下がらない私。

 

私「でもさ、孤独死とか怖いやん」

 

友人「人間、死ぬときはみんな一人やで」

 

ほぼKO確定。でもしぶとい私。

 

私「でもほら、死んだあと誰かに見送ってもらいたいやん」

 

友人「身内がおらんくても市役所の人が手を合わせて見送ってくれるし。

   第一、死んだらもう分からんやん

 

撃沈した。

 

この友人の言葉はいつもイイ意味で刺さる。

この友人と話をしていると物事がクリアに見えてくる。

有り難いわ。ホントに有り難い。

彼女に出会っていなければ、私の人生ポキポキ折れていたと思う。

彼女には、私より長生きして、その時が来たら私を見送って欲しいと

密かに思っている(笑)