C&A

ほぼ、チャゲアスのことです。お気軽に!宜しくお願いします(*´▽`*)

ネタバレ有り Too many people MV+いろいろ

aska-burnishstone.hatenablog.com

 

じっくり鑑賞後、月並みなリアクションだけれど

「くぅぅぅ~!!かっこいい!!」と、悶絶した。

 

音楽も映像も、

「自分の為に」

突き詰めるASKAさん。

 

そして、そんなASKAさんのセンスや才能を汲み取り、

具現化させていくASKAバンドとスタッフ。

 

ここぞとばかりに、プロ集団の底力が映し出さていた。

 

それぞれが「自分の為に」

技を磨き上げたプロ集団


そして、そんな人たちが、

いざ円になった時、

それぞれに磨かれた光が反射し合って、

とんでもなく大きな光が生まれる。

 

そんな瞬間がふんだんに収められた

キラキラ……

 

いや、ギラギラな美しいMVでした。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

アンガールズの山根さんと蛭子能収さんを

足して2で割ったような風貌の、

インタビュアー田家秀樹さんも個性的で面白かった。

 

インタビューは全体を通して、静かでピリッとした空気。

 

そら、テンション高く和気あいあいインタビューは

今のASKAさんには、よろしくないと

判断した上でのことだと思うけど、それにしても、

ASKAさんが想像以上にクールな姿勢。

 

そんな緊張感ある空気の中、繰り出される田家さんの

素直過ぎるインタビューは味がある。

 

「東京」の振りになっている

インタビュー02より( *´艸`)

 

田家さん「僕らは早くアルバムが出てホッとしましたよ」

 

ASKAさん「有難うございます」

 

田家さん「あぁ、こんなにちゃんと……

     まぁ、こんなに……まぁ、偉そうな言い方ですけど

     こんなにちゃんと音楽をやっていたんだというような

     証を見せてもらったような」

 

ASKAさん(顔色変えずに小さな声で)「有難うございます」

 

田家さんの慌てぶり。あっ!やべ。言っちゃった(汗)感が伝わってきて、

こちらもハラハラする(^▽^;)

 

でもASKAさん側もこれが世論と受け止め、MVに収めた。

 

田家さんのインタビューが、

綺麗ごとにしないMVへと更に導いてくれたような気がする。

 

他にも

 

田家さん「東京のイントロ聴いた時に

     《おおーーーーっ!!》と思ったんですよ。

     ASKAじゃん!ていうか、

     まぁCHAGEandASKAさんを含めてなんですけど、

     あぁこの煌き方!」

 

 

って、そーそーそー!私もそう思った((((oノ´3`)ノ

田家さんの評論家ぶってない目線に親近感。

 

 

とか、

インタビュー04

 

田家さん「(通り雨)この曲は救われましたね」

ASKAさん「有難うございます」

田家さん「まぁ、救われましたねって変ですけども

     何かを救ってくれてますね」

ASKAさん「あの~唯一のラブソングなんですよ」

 

何かやっぱりちょっと、ハラハラするやり取りだけど(^▽^;)

うんうん、とうなずきながら、

田家さんの飾り気のない質問や、感情表現が、

実は私もそう思ってましたーなことが多くて、

腑に落ちるインタビューでした!

 

そして、結びの

インタビュー07

は、チャゲアスについて。

 

ASKAさん曰く、

 

お互いにチャゲアスに本気で愛情を持っていることは確認している。

だけど、今ではない。でも、いつかは、やる!

 

お互いソロ活動をしている中、今、ステージに一緒に立っても、

喜びはない。

 

自分たちが楽しんでいないものを

お客さんに見せるわけにはいかない。

そんなことしちゃいけない。

  

と、熱く語っている。

 

以前、ASKAさんはブログで、

この田家さんからのインタビューがあった後に

テレビのインタビューがあったので、

テレビの方も上手く答えられたと書いていた。

 

田家さん有難う。テレビのインタビューよりも

エネルギー多目に語っているASKAさんが印象的でした。

 

そこで、そのインタビューの一つ前にあった

 

Making movie

「Black&White」

の章を思い出した。

 

ASKAさんは、

レコーディング中のASKAバンドに

 

「楽しんでやってくれてるのが

 伝わってくるんでもうOKですよ!」

 

って、めっちゃ嬉しそうに声をかけている。

  

楽しさが共鳴していた。

 

今このスタッフで、

このASKAバンドで間違いない!!

 

そのことが、強烈に心に刻まれたシーンだった。

 

今、一点の曇りもないASKAさんを最高と思う。

 

……でも正直、ちょっと切ないな。

とも思ってしまった私は、

我ながら、ねちっこい性格だなと思う"(-""-)"

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

後は、ASKAさんの頭の回転の速さにビビる。

 

全編を通して、私のイメージでは、

ASKAさんの意志とは別に

ASKAさんの脳が

勝手にブオーーーーーン!!て回転して、

それをASKAさん自身が追いかけている感じ。

 

多分、自分の頭の回転の速さに

ASKAさん自身、追い付いていけないことが

あるんじゃないかと思う。

 

正直、まぁ~次から次に

その場でアイディアを出してくるASKAさんに

応えるスタッフさんは大変そうだなぁ( ゚Д゚) ( ゚Д゚)

とも思いました(笑)

 

あと、私の一番のお気に入りのシーンは、

 

making movie

「通り雨」

 でのワンシーン。

 

ASKAさんのメガネを外して髪の毛を

セットしようとしたスタッフに

ASKAさん慌てて

 

「い~いって!これせっかくやったのにお前~

 これでいいじゃん!!」

 

と、反抗期の中学生のように

イヤイヤをして、スタッフを手こずらせる所。

 

DADAレーベルは、すこぶる自由です(笑)

 

f:id:monarizano-senakayorimo:20171020002459j:plain

 

ASKAさんの鉛筆削り(サザエさんのタイトルみたいになってしまった(^▽^;)

(aska-burnishstone.hatenablog.com

 

 

こっ、これは!!!

 

私が持っていたのと、そっくり!!

 

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

f:id:monarizano-senakayorimo:20171012173347j:plain

 

めっさびっくりしました(;''∀'')

↑これ↑

昔、母が使っていたものを私が受け継いだものです。

 

数年前まで、うちには昭和レトロなものが沢山あったのですが、

引っ越しする時にそれをまとめてレトロショップに売りました。

 

これはその時、記念に写メしたものです。

改めて見てみると翡翠色で可愛いい。

 

はぁぁぁ。朝このASKAさんのブログを見て

心臓がバクバクしました。

 

声を大にして言いたい。

 

売らなければ良かったーーー!!

 

まぁ、もう言うてもしゃーないのですが。

 

因みに、今、血眼で鉛筆削りの写メ探していたら、

他にも昭和レトロが出てきました。

 

こんな物とか

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

f:id:monarizano-senakayorimo:20171012182317j:plain

 

 

こんな物とか

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

f:id:monarizano-senakayorimo:20171012182736j:plain

 

こんなんや

 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓f:id:monarizano-senakayorimo:20171012183552j:plain

 

こんなの(背景とっちらかってますが……)

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

f:id:monarizano-senakayorimo:20171012185030j:plain

 

他、多数、売りつけた

買い取って頂きました。

 

引っ越しで売ってしまったけど、改めて写真見て、

歴史があるものって美しいなぁと、思います。

お出まし!ASKA Too many people MV+いろいろ

 

 

 

f:id:monarizano-senakayorimo:20171011115319j:plain

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

昨日、このメールが来たから、今日、MV届くはず。

 

前回のCDの時と同様ポストに、そっと入るパターンか、

それとも玄関まで配達員の人が持って来てくれるのか?

 

後者の場合も十分にあるから、おちおちトイレにも行けない。

と、ボクシングの仕合直前さながら、昨夜から水分を控える入念さ。

 

 

ピンポーン!

 

 

ハッ!!!

f:id:monarizano-senakayorimo:20171004091908j:plain

 後者パターンや!!!

 

f:id:monarizano-senakayorimo:20171011123202j:plain

 

f:id:monarizano-senakayorimo:20171004092255j:plainf:id:monarizano-senakayorimo:20171004092255j:plainf:id:monarizano-senakayorimo:20171004092255j:plain

きたーーーーーーーーーーーー!!!

 

そして、配達員さんが丁寧に抱えて持って来てくれた箱。

f:id:monarizano-senakayorimo:20171011113802j:plain

デカくない?CDと比べたら、こんな感じ。

あれ?違う届け物?

 

開けてみよ

f:id:monarizano-senakayorimo:20171011113822j:plain

DVDやった!何か、大は小を兼ねる的な箱で、

物凄く護衛されて運ばれてきた感がある(笑)

 

でもお店の人、大事に扱ってくれて有難う。

何で発売の1日前に届くように

送ってけーへんねん!とか、一瞬でも思ってしまってごめんなさい。

 

f:id:monarizano-senakayorimo:20171011114034j:plain

わーーー。ASAKさんめっちゃ見てはるわ。

ASKAさん「はよ出して」

て、言うてはるから、はい、お出まし!!

 

 

f:id:monarizano-senakayorimo:20171011114056j:plain

タイトルの +いろいろ

の表記に、DADAレーベル、ホンマに自由やなーと笑ってしまう。

 

 

aska-burnishstone.hatenablog.com

 

DADAレーベル有難う!!

 

さぁ、パッケージひとしきり堪能したから、

そろそろDVD観よーーー。 水分補給しながら。

まさかこんな気持ちになるとは。ASKAさんMV集ダイジェスト

aska-burnishstone.hatenablog.com

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

10月11日に発売される

Too many peopleのMV集。

 

それに先駆けて、Youtubeでダイジェストがアップされた。

 

ASKAさんの姿に、私はどんな思いを馳せるんだろう。

ASKAさんから繰り出されるパワーを受け止められるだろうか。

一呼吸おいて、色んなASKAさんを想像しながら

youtubeをクリック。

 

www.youtube.com

 

未来の勲章の公開MV、はずれたなぁ。

でも、ASKAさんのブログのコメント欄で「はずれたー」

の報告の仕合ができて、気持ちが軽くなったなぁ。

 

FUKUOKAがyoutubeでアップされた時は、

本当に嬉しかった。youtubeのコメント欄も熱かったなぁ。

 

リハーサル。赤いジャケットにおちょぼ口

ASKAさんのブログでみんな笑ってたなぁ。

 

東京。アルバムの中でこの曲が一番好き!って言っている人、

多かったなぁ。私も!!って思ったなぁ。

 

と、いう話さ。アルバム発売後、youtubeでは

初の動くASKAさんだった。

皆と興奮を分かち合えて良かったなぁ。

 

通り雨。このMVがアップされた日、

ASKAさんのブログがきっかで繋がった、

ファン友さんと会っていたなぁ。

 

しゃぼん。本当に突き刺さる曲で。youtubeのコメントや、

ASKAさんのブログのコメ欄を読みまくって

自分の気持ちを分散させたなぁ。

 

って、めくるめくASKAさんを見ながら、

この時はファンの人たちと……という

記憶が鮮やかに次から次に押し寄せた。

 

ASKAさんの向こう側にあるファンの人たちに

ずっとピントが合っていた。

 

もしASKAさんが、ブログをしていなかったら……

今頃私は、一人黙々と、そして悶々とASKAさんを

応援していたと思う。

 

この人が好き!という気持ちを共有することが、

こんなにも掛け替えのないものになっていたんだと、

ハッキリと気づかされたMV集ダイジェストでした。

 

当初、周囲の反対を押し切って、はてなブログを開設してくれた

ASKAさんに感謝。

 

10月に入り間もなくASKAさんのブログのお引っ越し。

切ない&期待 といった感じで

何だか年末年始を迎えるような気持ちに似ています。

 

あっ。因みにASKAさんのブログ以外で

もの凄く共感性の強かったのは

懐かしのミクシィの、間取り図大好き!コミュニティでした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未来の勲章 MV収録 ~youtube組~

aska-burnishstone.hatenablog.com

 

システム上、リアルタイムのみの配信となります。

これを、違法に録画、そしてそれの再配信は認められません。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ASKAさん、リアルタイムのみって書いていたけど、

その後も見られるように配信してくれた!めちゃ嬉しい!!

 

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

さて、youtube組の私。

18時15分からスタンバイしてチャットでドキドキを分かち合う。

 

スタート時間、そこそこ押していました。その間チャットでは、

 

みんなトイレちゃんと行った?と異様に、

トイレ事情を確認し合うファンたち。

 

しまいには、同時刻にテレビでやっていた、

志村けんのだいじょぶだぁを見出す強者。

 

ASKA白塗りに時間かかってるんじゃない?というコメ。

 

などなど、待っている時間さえ楽しい。

 

そして、突如映し出された会場の様子!

f:id:monarizano-senakayorimo:20170816204739p:plain

youtubeのコメント流れるのが早い早い!!

客入れシーンから大興奮!(^^)!

 

その後、プレスが入る。

youtubeではマスコミに対する

厳しい声や、ASKAさんをお願いしますといったような、

母のようなコメントなど、続々と投稿され、

マスコミにプレッシャーを与える(笑)

 

その後ASKAさんの芸能人のお友達が会場入り。

 

芸能人のお友達は、肖像権等の関係でここではお見せ出来ないのか、

入場シーンはこう。

f:id:monarizano-senakayorimo:20170816233442p:plain

一瞬、放送事故かと思った。

 

未来の勲章は4分44秒。

「へーーー。ゾロ目」などと思いながら若干、白目をむいて待機。

 

それとスタッフさんが所々で、何回か「ご本人登場です」という言い方を

していて、物まね番組かと笑ってしまう。

 

そうこうしていると、会場は暗転になり、いよいよASKAさん

「ご本人登場!!」

会場のボルテージは一気に上がる!!

f:id:monarizano-senakayorimo:20170816204858p:plain

会場「ASKAー!!」 「うわぁスカー!」

youtube「ASKAー!!」「ぎゃーーー!!」

 

youtubeは1万人超えの視聴。この瞬間、1万人超が沸き立った。f:id:monarizano-senakayorimo:20170816205011p:plain

大歓声の中、「お久しぶりです!」から始まった!!

その後しばらくすると、ASKAさん口をもごもご。

どうした!?一瞬、ヒヤリとした。

 

するとASKAさん、「ミンティアが口の中に……」と。

ASKAさんはフリスク派ではなく、ミンティア派らしい。

 

いや、ちゃんと出番前に喉に流し込んできて(笑)

 

 あと、私の知り合いが

ミンティアを食べ過ぎて口がバカになってきた」って

言ってたから、食べ過ぎには注意して下さい(´・ω・`)

 

そして、youtube組にも挨拶してくれた♪

f:id:monarizano-senakayorimo:20170816205044p:plain

クレーンやら、ファンの腕で、

ものの見事にASKAさんかぶってるけど(^▽^;)

その声、気持ち、ちゃんと届きました!!嬉しかった!!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

そして、トークの流れからスムーズにこのくだり。

 

「……色々ありました。今、僕はこの場においてこの言葉しかありません。

 みんな、ごめん!!」 

f:id:monarizano-senakayorimo:20170816233144p:plain

 ♪ポコポコポコ♪ ジャーーン!!と、

「ごめん!」きっかけで、すかさず未来の勲章のイントロが始まる。

 

この、サクッ!とした謝罪。

ブログを通してファンとの絆を既に回復させた

ASKAさんにとって、ベストなやり方だったと思います!

この謝罪の温度、

世間にというより、ファンに対してということも伝わる。

 

まさに、クールでシュールでキュートなやり方(*^▽^*)

 

そして、桜色の照明のASKAさん

f:id:monarizano-senakayorimo:20170816205256p:plain

♪クールでシュールでキュートなっ➹ の所。

CDを聴いた時こういう肩のポージングを想像していた。

想像そのまま( *´艸`)

 

2回撮った後、ASKAバンドと握手を交わす。

f:id:monarizano-senakayorimo:20170816221125p:plain

 今日は、ASKAさんの特別な通過点なんだと実感してグッとくる。

 

そして、何の前触れもなく現れたこの画面

f:id:monarizano-senakayorimo:20170816221238j:plain

やだ、もう(笑)

最後に映すやつ、出ちゃってますよーーー

まぁ、生配信だからそういうこともありますよねーーー(笑)

 

その後、とんと、この画面(´・ω・`)

チャットでは「マジで配信終了っぽい」という悲しい文字が飛び交う。

 

フワっと終わったけど、まっ、いいか。

余韻に浸らないという新しい感じってことにしようじゃないか。

 

あと、この日、近所の友達が赤飯をくれました(笑)

f:id:monarizano-senakayorimo:20170816221307j:plain

MV収録前日の予告散文詩にやられる

 

エキストラ300人を公募したMV収録。

次いで、Youtubeでの生配信も決定し、

収録&生配信の前夜、

 

ファンの気持ちをまとめ上げるかのように

予告散文詩が発表された。

 

ASKAさんの場合、もったいぶらずに

矢継ぎ早に色んな企画が発表されるから、

ファンも「サプライズ♡」みたいな感じで、のんびり喜ぶといった

風ではなくて、ストイックに「付いて行きます!」といった、

戦闘態勢なのが、気持ちいい。

 

www.youtube.com

 

 

 

散文詩によると、ASKAさんの哲学は、

 

 「人間の幸せは……

そこに、じっとしていられないことから始まる」

 

ASKAさんの散文詩の朗読で感じたこと。

 

過去、現在、未来。

いつの時代にも「今」は確実にある。

 

「今」が重なって歴史は出来た。

未来の「今」を生きる人が居る。

 

過去の「今」を生きた歴史にロマンを感じ、

私たちの知らない、

やがて訪れるいつかの未来に思いを馳せ、全力で

「今を生きる」

 

美しいなぁと、思いました。

 

 

                       「美しい」には

                        化石になった飴色の雫のような歴史が込められている

                        そして 生きているうちには出会うことのない

                      「やがて」だとか「いつか」だとか言える未来が込められている

 

                       近くを見ていると遠くは見えない

                       だけど

                       遠くを見ていると 自分の心の中が見えるんだ 

 

 

                                詩中抜粋

 

 

ASKAさんの「遠くを見ている」って、

どのくらい遠い未来を見据えているんだろう。

 

私は、せいぜい来年の今頃のことを考えるのが関の山(^▽^;)

 

全っっっ然レベルが違うんやろうなということだけは分かる。

 

そして、ASKAさんの言葉は美しい。

 

「めっちゃ昔」を表現するのに、

「化石になった飴色の雫のような歴史」って。

 

だからASKAさん、好き。

 

昔、博物館のお土産屋さんでキーホルダーになって

売られてたなー。琥珀の石の中に骨とか入ってたの。

私も、べっこう飴みたいやなーって思ってた。

 

「人間の幸せは……

そこに、じっとしていられないことから始まる」

 

 じっとしていなかった、

化石になった飴色の雫のような歴史に感謝しながら。

 

過去、現在、未来と繰り返される

美しく膨大な時の中で巡り合った奇跡を感じながら。

 

今日は幸せを噛みしめようと思います。

 

ASKAさんの絆創膏メール

 

f:id:monarizano-senakayorimo:20170810195422j:plain

 

 ASKAさんのMV収録のエキストラ

まぁ、ダメだったわけです(´;ω;`)

 

倍率は、えぐいだろうし

ダメ元は勿論だったのですが、

でも応募したからには、当たるシュミレーションもしていたわけで……

 

落選のメールが来た時、

 

雲に乗ったASKAさんが

「さよならー!!」って言って

ビュンッ!!!て離れて行ったような気がしました。

 

この数日感、ドキドキしていた自分が急に恥ずかしくなった。

 

挫折、敗北という言葉を知り、経験していたからこそ、

「これが、そういう状態だな。こういう感情、

 前にもあったな。知ってる知ってる」

と、心の持って行き場がかろうじてあった。

大げさではなく、そのくらいナーバスになった。

 

何だか、思ったよりも凹んで自分でもビックリ(^▽^;)

 

でも、そんな感覚は、ほんの一瞬でした。

 

ASKAさんのブログのコメ欄見たら同じような人がいっぱい。

直接、この気持ちをやり取り出来る人も居る。

 

そのうち「だよねー!その気持ち分かる!!」と、嬉しくさえなる。

 

共感するっていう機能は、本当に人を救います。

 

そして落選のお知らせの直後、

すかさずASKAさんから絆創膏メールが届いた。

 

以下、引用

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

LivePocket-Ticket-をご利用いただき、誠にありがとうございます。
ASKA【MV収録】事務局より、メッセージがございます。
※このメールはASKA「MV収録」の落選者の方向けに送付されています

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お会いできなかった君へ


今回、コンピュータが、無差別に選んだ番号に、
君へのチェックマークが入らなかったみたい。
ごめん。本当にごめんね。

もうね、君の気持ちに感謝いっぱい。
待ってくれている間、心がすり減っちゃったでしょう?

君に会えないのは、百倍残念。

僕は、まだまだこれから。
きっと、僕より若い君は、もっと、まだまだこれから。

また、必ず、今回と同じことをやるからさ。
どうか、懲りないで次も参加してね。

僕は、こんなところで歩みを止めるわけにはいかないんだ。
それは君も同じ。

これからも頼むね、Fellows!!

P.S.

今、お知らせが入りました。
当日の模様を「Youtube」において、「ライブ配信」できることになりました。
つまり、生放送するということです。
しかし、それは会場に置いてある記録用のカメラからの放送ですので、
こちら側で画面の切り替えを行なったり、ズーム(本人を大きく写すこと)は、できません。
あくまで、会場の雰囲気がわかるというくらいのものです。コンサートホールの後方の席から観てくれてる感じかな。

ああ、良かった。

いつも、応援してくれて、ありがとう。
待ってるよ、Fellows!!

ASKAより

 

雲に乗って、ビュンッ!!って行ったのは、

絆創膏を取りに行ったんだな。

 

と、自分の中で都合のいいように辻褄を合わせる。

 

この絆創膏メールを見て思いました。

今私は、ASKAさんと会うタイミングじゃなかった。

一枚も二枚も三枚も四枚も、もっともっと上手なんだ。ASKAさんは。

 

僕は、こんなところで歩みを止めるわけにはいかないんだ。
それは君も同じ。

 

そうだ。私がもっと成長できた時が、ASKAさんと逢える時だ。

と、いうことは私にも、まだまだ伸びしろがあるということ!!

 

と、超絶ポジティブにとらえました(`・ω・´)

 

仕事に燃えることにします!!

 

あと脂肪の方も燃えるように、

そちらも、まぁまぁ頑張ります(^▽^;)