C&A

ASKAファンにしか伝わらないブログだと思いますが(^▽^;)お気軽にどうぞ

AbemaTV ASKAが語る真実 ~吉田豪さん編~

f:id:monarizano-senakayorimo:20171110164951p:plain

このショット。スマホの壁紙にしたいくらい熱い。

 

事件当初、ラジオで吉田豪さんがASKAさんを話題にしていた。

当時、ASKAさんの報道や話題に関して神経質になっていたファンは

大勢いたと思う。私もその中の一人だった。

 

そんな中、吉田豪さんは、ASKAさんのことを面白おかしく。

うがった聞き方をすれば、 ディスるようなネタを持ち出し

ASKAさんの話をしていた。

 

私はASKAファンだから腹を立ててみた。

 

他のメディアとは全く違う切り方でASKAさんのことを

話題にする吉田豪さん。

 

それを「面白い」と頭をもたげる私の感情。

いやアカン。

 

喪中やのに年賀状を書くようなことをしてはいけない。

ファンのモラルとしては、ここは腹を立てなければいけない。

 

当時私はそう思っていた。

要するに……吉田豪さんにちょっと興味を持ってしまった。

 

なのでアーカイブで他の回も聴いたりしてニヤニヤしていた。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

AbemaTV、冒頭で吉田豪さんが

 

「認識されている時点で恐縮です」

 

って、言っていて、

大変失礼ながら、私も「いや、ほんまに!!」と思ってしまった。

 

ASKAさんが吉田豪さんのことを「気になる人物」

としていたことが意外だった。

 

サブカルも好き!というASKAさんを

もうそろそろ自分の中に定着させないと置いて行かれるな。

 

吉田豪さんは、ASKAさんの中にズケズケ入るでもなく、

かといって、自分のことを多く語るでもなく、

ASKAさんの言葉をひたすら聞く。

 

吉田豪さんの背中越しからのカットが多いことが

それを物語っているように思う。

 

吉田豪さんは、そのインパクトある見た目とは裏腹に

何者でもないかのような佇まいでASKAさんの話を聞く。

 

身振り手振りの多いASKAさんに対し、

吉田豪さんは、ほとんど動かず地蔵のよう。

f:id:monarizano-senakayorimo:20171110164908p:plain

 

 

表情はと云えば、真剣な話題の時の無表情と、

f:id:monarizano-senakayorimo:20171110165026p:plain

 

 

微笑むべき所の「えへへ」といった遠慮がちな笑み

f:id:monarizano-senakayorimo:20171110165100p:plain

だいたいこの2パターン。

 

そして、ASKAさんが水を飲めば自分も少し遅れて

水を飲み、歩調を合わせるようにASKAさんに寄り添っていた。

 

後は、これが吉田さんの真骨頂なんだろうな。

相手のことを事前に丁寧にリサーチをしていくスタイルの

吉田さん。

 

相槌や言葉少な目に挟まれる質問が絶妙だから、

全てに於いて信頼できる。

(ようにみえるだけかもしれないけどここは

「信じることが楽さ」精神で)

 

吉田さんのインタビューは、THE質問です!

ではなく、会話の延長上で広がっていく。

 

例えば、ASKAさんの盟友、

玉置浩二さんの話題になった時、

玉置さんの面白エピソードで

会話を結ぼうとしたASKAさんに対し、吉田さんは

 

「(玉置さんのライブでASKAさんも)

 飛び入りで歌ったりもされて」

 

 

と、サラッと切り込む。この話まだ終わらせない的な。

情報の引き出しも話題の入れ方も、これが吉田プロかぁと

何か感動した。

 

その玉置さんのライブとは事件後の出来事。

この話題になった時、

スタジオが少し緊張した空気になったかどうかは定かではないけれど、

ASKAさんは少し言葉を詰まらせ慎重に話し出した。

 

そこで更に吉田豪さんが

 

「大変な状況の時に声をかけてくれてね」

 

と言葉を重ねる。

するとASKAさんからも、

胸のつかえが取れたようにドバっと言葉が溢れた。

 

それは照れくさくて、口に出しては言いにくいであろう

玉置さんへの熱すぎる心からの感謝の思い。

更に当時ASKAさんが歌手を辞めようと思い悩み

悔い、苦しんでいたという所まで。

 

こうして聞きにくいけど、

聞いておかなければいけない真髄の部分や、

本人が本当に語りたいことを察して、

相手が話せるように持って行く

 

吉田豪さんの経験と才能、センスだなと思うし、

凄く優しい人なんだろうなと思った。

  

吉田豪さんの「うん、うん」という相槌も、

あの雰囲気とキャラと年齢に合っているから「うん」がベスト。

 

そしてASKAさんという人間を観察した結果、

敢えてそうしているんだなぁと。

  

吉田豪に憧れて、

入社半年のサラリーマンが上司に「うん、うん」

言ってたらぶっ飛ばされるか、静かに左遷

ということは肝に銘じておかなければいけない(笑)

 

吉田豪だからこそ。ASKAだからこそ、

という緻密なトータルコーディネイトで

成立している話なんだと思う。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

そしてインタビューの結び

 

「こうやって(空間を)共有すると皆、仲間だと思ってしまうわけ。

 それが俺の騙される所」

 

と、語ったASKAさんに対して、

基本、リアクション小さめ。

地蔵のようだった吉田豪さんが大笑いする。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

f:id:monarizano-senakayorimo:20171110193513j:plain

 

効果音付けるなら、テッテレー!みたいな。

 

この件、何回見ても私も吹き出してしまう。

 

私は性格がひん曲がっている為、もしかするとこれは……

 

「思わず吹き出してしまいましたー。素の自分が出ちゃった!!」

と、相手の懐に入り次につなげる為に

計算してやっていることではないか……

とか深読みしがちなんだけれど、

それならそれで凄いなと笑えるし、

本当に素で笑っているなら笑っているで笑える。

 

分かりづらくてごめんなさい。

要は、見終わった後、吉田豪さんを手放しで

面白いと思ったし、興味を持った。

 

冒頭で、

奥歯にものが挟まったような書き方をしてしまったけれど……

 

勝手にASKAファンの喪は明けたと思って

書いておきます。自分の為に。

 

事件後、吉田さんのラジオを初めて聴いた時から

吉田豪さんがASKAさんを面白がるポイントで

私もめちゃ笑いました。

 

 当時は、

ファンの倫理的にASKAさんを面白がってはいけない。

ここは、腹を立てなければいけない。

と、無理に腹を立てていました。

 

本当は、

ASKAさんはツッコミどころが満載の面白い人だなと

思っています。

そして、そんなASKAさんを面白がっています。

 

勿論、ASKAさんの音楽が好き!があっての話。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

あと、吉田豪さんがチャゲアスのジャケット着てきた

根性に感服しています。

 

もし私が吉田さんの立場だったら、スーツを着て行く。

ファンだからこそ、公私混同してはいけないと思い、

スーツ一択。スーツを着ないポリシーがあったとしても、

チャゲアスのジャケットは着て行かない。

 

チャゲアスが好きだから、

チャゲアスのジャケットを着てきました!!

 

って、すごくギャンブラーだと思う。

それで相手が

「この人、全てをさらけ出して来てくれた!」

と、思うか、

「姑息な手段を使いやがって!何か企んでいるな」と警戒するか。

 

どちらかというと後者の方が多いように思うのだけど。

ASKAさんも最初ギョッとしてたようだったし。

 

でも最終的に私の目にはチャゲアスジャケットを着た

吉田豪さんの背中は、

とても誠実で熱い背中に映りました。

 

これは、裏の裏は結局、表!な

吉田豪さんの計算なのか。

 

それとも、表しかない!な

天才なのか。

 

更に吉田豪さんへの興味は深まるばかり。

まんまと今、吉田豪さんの本を買う気でいっぱいです。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

AbemaTV ASKAが語る真実。

前編、後編を通してASKAさんの多面性と

インタビュアーの個性が光りまくった企画でした。

 

一生忘れたくない番組です。