読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川の流れに身を任せ たまに溺死しそうになる

ほぼ CHAGE and ASKA 関連です

自分と向き合う作業12 もうASKAさんを心配しない不安に思わない

熱狂的なファンになっては離れ。

そして、何かのきっかけでまたファンになる。

 

ファンは無責任だから、勝手に行ったり来たりする。

 

 ファンとは気楽なポジションだなと思う。

 

またファンに戻った私は、

私は、もうこれ以上、ASKAさんに削れて欲しくないと思った。

心身共に削れて欲しくない。

 また惹きつけられてしまった以上、これ以上ASKAさんに

 何か良からぬことがあると、今度は私も結構本気で凹む。

と思った。

 

熱して、冷めて、また熱して。そして不安がる。

私は本当に自分勝手。

 

ASKAさんに振り回されているのではない。

自分自身に振り回されているのだ。

一人相撲。

 

ASKAさんのブログを最初から読む。

 

数か月前のブログに

 

アホなマスコミが、今後「ごめんね」と謝ることになるだろう

 まあ皆さん見ていて下さい。

 

と、いう宣戦布告の記事。本の出版のことを言っていたのだと思うけれど、

その前に、

2度目の逮捕→マスコミが再犯と決めつける→不起訴→マスコミ意気消沈

本の出版の前に、その通りに時代は進んだ。

 

正直ゾッとしたけど、

予定より早くASKAさんの大反撃が始まっているのだと思った。

もちろん、勝手に不安がっている心も増長したけれど、

同じくらいワクワクもした。

 

その後、FUKUOKAの発表。

 

しかも、クリスマスイヴからクリスマスに替わる頃に。

ASKAさんらしさが溢れる演出と曲、歌詞、声。

ホッとして、安心して、涙が止まらなかった。

私の知っているASKAさんだった。

ASKAさんが心配しないでと言っているように思えた。 

ASKA贔屓だからそう思うのか(;´∀`)

 

ASKAさんの周りは今、きっと信じられる人で固められている。

ASKAさんをきちんと守ってくれる人がいる。

 

もう、ASKAさんを勝手に心配することは辞めよう。

不安に思うことは辞めよう。

ASKAさんの一挙手一投足を楽しんで、自分の糧にしよう。

その方が絶対に楽しい。

 

そう思った。