C&A

ほぼ、チャゲアスのことです。お気軽に!宜しくお願いします(*´▽`*)

パッションがASKAさんな女医さん

ここ数日のASKAさんのブログを読んでいると

私の知っている女医さんのパッションが

限りなくASKAさんと似ているなと思う。

 

aska-burnishstone.hatenablog.com

 

その女医さんは、数年前から

 

「医者がいらん薬を出し過ぎ問題」

 

「今の日本の医療は、

某、成人病をこねくり回し過ぎ問題」

 

を唱えていて、独自で築き上げた研究とデータを元に

医療界に、モノ申している。

 

もし、その女医さんの論文が世間に広がれば、

 

余計な薬を飲まなくていい人や、

 某成人病においては、今よりも低額で

シンプルな治療法を受けられる人が増える。

 

でもそうなると今まで通り儲からない業界が出てくる。

 

その先生はこれまでも、違うテーマでも研究、結果を出して

いるのだけれど、それも世間に広がると、ある業界が儲からなくなるので、

一部、金儲け主義の偉い人たちから意地悪されて

無かったこと!!みたいな扱いをされている。

 

その先生、元は大きな病院で働いていたんだけれど、

要所、要所で疑問を持つようになり納得できなくなった。そして、

 

「自分がやるべき医療をする」

と、数年前から小さな病院を開業している。

 

 先生は……

 

白衣は着ない

聴診器も基本しない

病院の風紀を乱す患者の受け入れしない

診察のマニュアル化は一切しない

 

個々に合ったQOL(生活の向上)にこだわりあり

 製薬会社や、権力者とのケンカありあり

スキースノボーのインストラクター免許あり(笑)

 

「いらないもの」と「いるもの」のジャッジに

ポリシーと個性がみなぎる。ハッキリ言ってクセはある(^▽^;)

 

因みに、病院内は町家カフェみたいでめっちゃ可愛い(⋈◍>◡<◍)

そういうのは「いるもの」になっている所に、

また違ったこだわりを感じる。

  

先日、お会いしたら

 

「私じゃない医者でも治せる病気の人は、

他の病院に行ってもらうことにして、

私じゃないとアカン人だけ今後も通院してもらうことにしてん。

そうじゃないと時間が足りへんくて、

やりたい医療ができへん

 

と、言っていた。赤字覚悟というか、

そうし出してから、実際赤字らしい(^▽^;)

結構、近くにもいたー。

 

信念を貫く為に万人にとって、

「良い人」であることをしない人

 

今回も、一部、金儲け主義の人たちの意地悪が発令されると、

先生の論文は世間に広まらない。

 

でも、先生の病院では既にその治療法で受けられる。

勿論、結果だって良い物が出ている。

 

「これ他の病院で実施されへんのやったら、

日本中の某、成人病の患者をうちで全員診てあげたいわ」

って話してくれた。

 

先生自身も大病と闘っている。

自身の命を削るようにして、誰かの命を救おうとしている。

 

こういう医者が、出る杭は打たれる状態の日本て、さもしい。

私はこの先生に出逢って命拾いをした。そして今とても元気です。

 

※因みにバリバリ西洋医学の先生です。