読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

700番 本音の感想(一部辛口)

700番。遅ればせながら読み終えました。

 

 

そっかー。パンが飛び出すトースターは日本人が開発したのか。

 

全てを読み終えた後、意識的にグイーッとこの平和的な章に

気持ちを持っていかないと心のザワつきが治まらないだろうな。

 

そう思って、読んでいる途中、トースターのページに

思わず付箋をつけた。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

しょっぱなの所、「はじめに」の数ページを読むのに

15分程かかってしまった。ASKAさんらしい

比喩の言葉で紡ぎ出された文章から、ASKAさんの

心の叫びが絞り出されていた。ASKAさんが

ブログでは決して吐露しなかった、激しい後悔と

再起に向かってもがく姿が強烈。読んで数行程で、鼓動が大きくなり、

ボトボトに泣けてきた。私は、自分の気持ちを逃がすように、

「あぁ、しんどいなぁ。どうしよう」と言って大げさにため息をつく。

そうしないと先に進めない。そして少しずつ同じ行を

何回も何回も読み直しながらASKAさんの思いをゆっくりと吸収した。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

しかし本編からは、イメージがガラリと変わる。

本編は感情的な表現は、ほぼ無く

出来事のみに特化した内容。流石の文才と構成でサクサク読めた。

あー。良かった。一安心。

 

前半は、病院の話を縦軸に、ASKAさんの昔のお話が、

ちょいちょい挟まれていて、気持ちを分散させながら

重くなり過ぎずそして飽きずに読めた。

 

p65にある剣道の「待ち剣」相手が打ってくるのを待って

防御から攻撃に転じる手法の話が印象的。

 

こういう所からASKAさんの自己プロデュース力が

生まれるんだな。何でも取り入れるなと感心した。

 

分かりやすい所でいえば、今年1月にアップされた

ASKAさんのブログ。

 

ASKAブログ「噂」アップ→

ASKAブログ「朝焼け(UFO話)」アップ→

マスコミが面白がってASKAを病気扱いする→

ASKAブログ「一部のメディアの素性が見えたでしょう?」アップ

の流れも、「待剣」なんじゃないかと思う。

 

違うかもしれないけど(^▽^;)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

あと、私、以前の自分のブログで芸能リポーター

ASKAさんの未発表の曲を無断で流した件について、

腹はたつけど、自分も元テレビ業界にいたからその気持ち、分かる……

とか書いてしまったけど、撤回!!!

700番を読んだら、

 

やっぱあの人ダメだな。

 

情状の酌量なしだ。と思った。

ASKAさんの失敗に世の中が寛大でなかったのと同じように、

あのリポーターの失敗に世の中は寛大になってはいけないと思った。

ミヤネ屋での放送終了後の電話の件を読んで益々そう思った。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

あと前半を読んで、正直に私が一番感じたこと。

ASKAさんは病院や拘置所において一般の人より恵まれている。

病院の看護師も、拘置所の看守も気さくに話かけてくれて、

時にはマニュアルに背いてまで、とても良くしてくれたような

記述がある。

このASKAさんの1回目の逮捕から強制入院。

もしも、これが自分の身に降りかかってきたことだと想像したら。

果たして看護師や看守はASKAさんにした時と同じように、

あれやこれや、私にしてくれるだろうか?

それに、病院まで駆けつけてくれる親しい弁護士もいない。

これが私だったらどうなってしまうんだろう……。

そう思うと肝が冷える。

 

やはりASKAさんは恵まれていると思う。

でもそれは勿論、ASKAさんの人徳や

今まで築き上げたものの結果だけど。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

それと……

私の母は、重度の統合失調症で入退院を繰り返していたから。

ASKAさんの書いた一文で、傷ついた所があった。

 

p25の閉鎖病棟に居た人たちのこと。

よだれを垂らしながら廊下を見ている。

大きな声を上げながら喚いている。

裸で部屋中を歩いている。そんな人たち。

その様子を見てASKAさんは、

 

「私はなぜここにいなければならないのか」

 

って書いている。

 

「この人たちと僕は違う!」と思う気持ち。とてもよく分かる。

でも、もう少し配慮のある書き方をして欲しかったな。

 

この人たちは、真面目すぎて、優しすぎて、繊細すぎて、

頑張り屋すぎて、そうなってしまった人たち。

700番を読んでいる人のご家族の中にも今、

精神病院でそうして戦っている人がいるかもしれない。

 

そして、強制入院を選択しなければいけない家族にとっても

それは地獄だ。息子を強制入院させた人は、その息子に。

娘を強制入院させた人は、その娘に。

母を強制入院させた人はその母に……

 

殺される夢を見るんです。

 

これは、統合失調症の家族を持つ会に参加した時に、

みんな同じような夢を見ていると知った。

 

無理やり入院させた時の、あの時の母の目。

憎しみしかない鋭い目で私をいつまでも睨み続けていた。

それが脳裏に焼き付いて毎日のように

母から殺される夢を見ていた。

何年も見続けていた。寝るのが怖かった。 

 

精神を患っている本人も家族も、しんどいから。

だからもう少し他の表現にして欲しかったなぁ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

前半は、そんなことを思いながら読みました。