読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川の流れに身を任せ たまに溺死しそうになる

ほぼ CHAGE and ASKA 関連です

自分と向き合う作業10 2度目の逮捕・不起訴 私の勝手な妄想

友人からいくつかメールが来たけれど、

「今回はやっていないと思う

私は全てにそう返信した。

 

そして1回目の時とは違い、仕事先でも、美容院でも、

「何か変だよね。やってないんじゃない?分からないけど。

誰かに知らない間に薬を盛られたとか」

など、いずれにしても、何だか良く分からいけれどハメられたっぽい

という意見が多く聞かれた。

 

それが世論だと思う

 

 1回目の逮捕から私は、C&Aのファンだったということは

知っている人以外の前では言わないようにしていた。

それを言うと空気が

「おっ……おう」(-"-)

みたいな感じで変になるから。

 

けれど2回目の逮捕の時は、その話になった時、

元ファンだと言っている。

ヘラヘラしながらだけど(;´∀`)

 

 すると、最初は少しビックリされるけれど、

今回のことについて冷やかしではなく、

「元ファンからみて本当にどう思う?」

と、真相が知りたい!!みたいな顏で聞いてくる人が多かった。

 

いや、私も知りたいわ。と思いつつ

 

 

「私たちには知らないことが沢山あって……。

例えば、世界を動かしている人のこととか。色々。

その知ってはいけないことをASKAさんは知ってしまって、

何かに巻き込まれてハメられたって思ってます。

もしくは、国民に隠したい都合の悪いニュースがあったから、

ASKAさんをでっち上げて、そちらに国民の目を向けさせた

とか。もし本当にそうだと、めっちゃ怖いけど」

 

と、答えるようにしている。すると、

 

「私たちの知らないこと」

 

に対して結構話題が広がる。

みんな涼しい顏して、そういう話が好きなんだ。

そして皆、結構、知ってる(^▽^;)

 

 

そして不起訴。

 

ここからは全て私の妄想。

 

 この世界は一握りの大富豪によって牛耳られている。

例えば、アメリカの中央銀行を作った人とか。

金(きん)と物。それを物々交換していた時代は良かったのかもしれない。

それが、金(きん)の代わりとして紙っぺらを価値あるものだとした時から、

世界の価値観がねじ曲がったんじゃないかと思う。

 

私たちは世界の末端に生きていて、世界の偉い人のことなんか知らないし

知らなくてもいい。

私たちは、与えられた器の中で羽を広げて自己満足を見つけて

幸せを感じればいい。

そうして器の中でだったらある程度、何でも許される。

 

それが今回、ASKAさんはその器の中から飛び出してしまったのでは

ないかと思う。

 

例えば、何かの集まりで国の偉い人と会うようなシチュエーションがあって。

何か知ってはいけないことを知った。もしくは意見をした。

そして、ASKAさんと社会を断絶させたいと思う国の偉い人が出てきた。

ASKAさんは器から飛び出して、覗いてはいけない

器を覗いてしまったのではないか。

 

で、今回ASKAさんは無実の罪をきせられた。

 

科捜研が陰性と言ったところで、科捜研に圧力をかけて

陽性にできる人たちがいる。

国の偉い人たちは、冤罪を作るのも、あやめることも平気でする。

 

私の作り話です。