読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川の流れに身を任せ たまに溺死しそうになる

ほぼ CHAGE and ASKA 関連です

自分と向き合う作業8 何があっても変わらない「真ん中」

あぁ、熱狂的なファンに戻らないで良かった。

 

ASKAさんの逮捕の時、そう思った。

 

これが学生時代のままの熱狂的なファンだったら

どんなにショックだったか。

 

ただ、私の人格形成、真ん中の部分は

C&Aで出来ていることには変わりない。

 

当初はASKAさんの格言のような、あんな言葉やこんな言葉。

全てがバラバラと崩れ落ちて、私自身が減っていくようだったのも確か。

 

でも私も30代になって結婚もしていた。

家族のこと、仕事のこと。それなりに酸いも甘いも経験していた。

すぐに、「世の中そんなもんだな」と、冷静に割り切ることが出来た。

 

そして、C&Aの言葉に影響されて作られた私の人格形成。

それはもう長年のことだから、

C&Aから吸収した言葉は、

いつの間にか私自身の言葉になっていたことに気がついた。

だから、全然知らない人を見るような目でASKAさんを

見ることができたのかもしれない。

 

世間では、ASKAさんの逮捕が面白おかく報道された。

仕事先や美容院、友人と。その話題になることもあった。

みんな私がC&Aのファンだったことは知らない。

 

私は、一緒になって面白おかしくディスった。

それは今でも、大人として空気を読んだ当たり前の行動だったと思っている。