C&A

ほぼC&Aのコトしか書いていないのでブログ名変えました(旧:川の流れに身を任せたまに溺死しそうになる)

自分と向き合う作業5 仕事に違和感を覚えた日

当時の私はこれ以上C&Aから影響されることや

吸収することは無いと思ったから、

ファンクラブを退会した。

 

いつかC&Aと一緒に仕事をしたいと思っていたけれど、

私は音楽番組とは無縁だったので、それも無いだろうと確信していた。

 

言葉で文章を綴ることが好きで放送業界を選んだけれど、

言葉や文章は重要ではなかった。どれだけ奇抜な企画や

ネタを持ってこられるか。

当時私は、鋭く、人を小バカにした

言葉を使い、会議でネタを通していた。

そういうキャラになっていた。

時には人の不幸を面白可笑しくテレビで紹介した。

他人の不幸は蜜の味だから、視聴率が上がる。

勿論、そんな番組ばかりでは無いけれど、

尖った人間に成長した私には、そんな番組の仕事が多かった。

 

仕事の合間を縫って、私はダイビングのライセンスを取得した。

初めて潜る海。6メートル程しか潜っていないのに、

そこには、地上とは全く別の世界があった。

何もかもが全て違う。宇宙のようだった。

 

海の中で泣いた。

 

初めてC&AのDVDを見た高校生のあの頃と同じように

色んな感情が押し寄せてきて涙が止まらなかった。

海中で泣いたもんだから、息を吸うタイミングが変になって、

溺れかけた(^▽^;)

 

その時のインストラクターが

数年前まで広告代理店に勤めていたと話してくれた。

そして、人間関係に辟易している時に、

初めてダイビングをして感銘を受けて、

ダイビングのインストラクターになったと。

今は、とても充実していて楽しいと。

 

 

 

私に今の仕事は向いていないかもしれない。

本来は、「言葉」が好きで選んだ仕事だったのに。

ずっと目を背けていたけれど、やっぱりズレを感じた。

更にC&Aと一緒に仕事がしたいという願いが

叶わないと確信し、

そもそもC&A自体に興味が薄れていた私は、

放送業界で目標を失っていた。

人には、向き不向きがある。

 

何か違う仕事をしてみようと思った。