読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分と向き合う作業15 ~普通でも、そうじゃなくてもいい。納得してなんぼ~

先日、友人から話の流れで

「普通って、どういうことなんだろう」

と、聞かれた。私は、

 

「多数決をとって、意見の多かった方を普通っていうんじゃないの」

 

と、答えた。多分、間違っていないと思う。

 

ただ、普通の生き方が向いている人、向いていない人がいる。

両方居て当然で、両方がいないと切磋琢磨しないので世の中、回らない。

 

少数派の普通じゃない人たちは、生きにくいのかもしれない。

でも、自分がそれで納得しているんだからいい。

途中で、多数派の意見に納得したら、そっちになびけばいい。

 

私は人生、死ぬまでの最高の暇つぶしゲームだと思っている。

 

その最高の暇つぶしゲーム。

自分以外の誰かを主人公にしては勿体ない。

 

全ては自分。

自分が納得できれば、普通でも、そうじゃなくてもいいや。

 

 

自分と向き合う作業14 ~久々のダイビング~

f:id:monarizano-senakayorimo:20170103221500j:plain

f:id:monarizano-senakayorimo:20170103221428j:plain

f:id:monarizano-senakayorimo:20170103221325j:plain

命の洗濯が出来ました。

自分と向き合う作業13  庇うと応援は似て非なり

ASKAさんの、自分を庇わなくてもいいと

いうブログを考えていた。

 

ASKAさんを庇おうとすると

ファンはASKAさんの前に盾となって立つ。

怒りと、集団心理のハイ状態。気が付けばそれは

「いじめ」で、マスコミや警察と同じことをしている。

自分が自分でなくなっていく。

自分の言葉で自身が削れていく。

 

自分のファンがそんな風にならない為に、ASKAさんは、

「庇わなくていい」

と言ってくれたんじゃないかな。

 

ファンがASKAさんを思うのと同じように

ASKAさんはファンのことを思っている。

 

ASKA贔屓の私の心には、そう響いた。

 

あと……これ以上、一般人が声を上げても

何も変わらないんじゃないかな。

 それに、度が過ぎればいくら一般人でも

予期せぬことに巻き込まれるかもしれない。

ASKAさんはそんなこと懸念してるんじゃないかな。

 

ASKAさんの周りには今、信頼できるプロが

沢山いるはず。あとは、その人たちに任せればいい。

 

庇うはネガティブ。

応援はポジティブ。

 

私はASKAさんの前に立って庇うのではなく、

ASKAさんの後ろから歩いて行って

一緒にピクニックをするように応援したい。

 

上り坂に来ればみんなで背中を押し合って、

先頭を行くASKAさんの力になればいいじゃない。

 

そして今回AKSAさんは、その力の入れ方を教えてくれた。

「みなさんが僕の曲を聴いてくれるそれだけでいい」

 

私は、ASKAさんの歌を聴いて人生を豊かにしていきたい。

 

数年前に退会したファンクラブが悔やまれる(>_<)

いざライヴ!!になった時チケット取れなさそう~!

 

でも、ファンは気ままで無責任。

私は今日、他のアーティストのライヴに行く( *´艸`)

 

 

 

 

自分と向き合う作業12 もうASKAさんを心配しない不安に思わない

熱狂的なファンになっては離れ。

そして、何かのきっかけでまたファンになる。

 

ファンは無責任だから、勝手に行ったり来たりする。

 

 ファンとは気楽なポジションだなと思う。

 

またファンに戻った私は、

私は、もうこれ以上、ASKAさんに削れて欲しくないと思った。

心身共に削れて欲しくない。

 また惹きつけられてしまった以上、これ以上ASKAさんに

 何か良からぬことがあると、今度は私も結構本気で凹む。

と思った。

 

熱して、冷めて、また熱して。そして不安がる。

私は本当に自分勝手。

 

ASKAさんに振り回されているのではない。

自分自身に振り回されているのだ。

一人相撲。

 

ASKAさんのブログを最初から読む。

 

数か月前のブログに

 

アホなマスコミが、今後「ごめんね」と謝ることになるだろう

 まあ皆さん見ていて下さい。

 

と、いう宣戦布告の記事。本の出版のことを言っていたのだと思うけれど、

その前に、

2度目の逮捕→マスコミが再犯と決めつける→不起訴→マスコミ意気消沈

本の出版の前に、その通りに時代は進んだ。

 

正直ゾッとしたけど、

予定より早くASKAさんの大反撃が始まっているのだと思った。

もちろん、勝手に不安がっている心も増長したけれど、

同じくらいワクワクもした。

 

その後、FUKUOKAの発表。

 

しかも、クリスマスイヴからクリスマスに替わる頃に。

ASKAさんらしさが溢れる演出と曲、歌詞、声。

ホッとして、安心して、涙が止まらなかった。

私の知っているASKAさんだった。

ASKAさんが心配しないでと言っているように思えた。 

ASKA贔屓だからそう思うのか(;´∀`)

 

ASKAさんの周りは今、きっと信じられる人で固められている。

ASKAさんをきちんと守ってくれる人がいる。

 

もう、ASKAさんを勝手に心配することは辞めよう。

不安に思うことは辞めよう。

ASKAさんの一挙手一投足を楽しんで、自分の糧にしよう。

その方が絶対に楽しい。

 

そう思った。

 

 

 

自分と向き合う作業11 元ファンから現ファンに戻った日

ASKAさんは、

人生、全てがエンターテイメントだと思う。

 

今回の不起訴は、ASKAさんの機転と頭の良さ

運の強さが無ければ有り得なかったと思う。

 

こんなにすごい人生劇、初めて見た。

 

 釈放後、報道陣を前にニヤッと不敵な笑みを

浮かべた所に、ロックオンされた。

カッコ良すぎる。痺れる。

 

ASKAさんは想像以上にASKAさんで、

とんでもないカリスマ性を持っている。

 

私は、再びASKAさんにグググッと惹かれた。

学生時代の時とは全く違う感覚で惹かれた。

やはり、人の気持ちとは単純なもので、

 

元ファンから、今もファンにカチン!!と、

気持ちが戻った。

 

すると途端に不安になる。

またいつ罠をしかけられるんじゃないか。

危険な目に遭うんじゃないか。心配で仕方なかった。

 

あとそれとは別に統合失調症の可能性も不安視していた。

私の母が、その病気でものすごく大変だった。

700番を読んだ時、文章から母と似た症状だと思った。

(色々と過敏すぎたから。今でも700番には違和感を覚える。

あの頃はまだ薬の影響もあったのかな)

 

けれど、はてなブログを読んでから、その思いが変わった。

綺麗で繊細な言葉で紡がれた文章は整然としていて、

ASKAさんらしい色だった。

 

その病気の人が書く文章をよく知っているから分かる。

ASKAさんは、その病気はでは無い。

 

 

自分と向き合う作業10 2度目の逮捕・不起訴 私の勝手な妄想

友人からいくつかメールが来たけれど、

「今回はやっていないと思う

私は全てにそう返信した。

 

そして1回目の時とは違い、仕事先でも、美容院でも、

「何か変だよね。やってないんじゃない?分からないけど。

誰かに知らない間に薬を盛られたとか」

など、いずれにしても、何だか良く分からいけれどハメられたっぽい

という意見が多く聞かれた。

 

それが世論だと思う

 

 1回目の逮捕から私は、C&Aのファンだったということは

知っている人以外の前では言わないようにしていた。

それを言うと空気が

「おっ……おう」(-"-)

みたいな感じで変になるから。

 

けれど2回目の逮捕の時は、その話になった時、

元ファンだと言っている。

ヘラヘラしながらだけど(;´∀`)

 

 すると、最初は少しビックリされるけれど、

今回のことについて冷やかしではなく、

「元ファンからみて本当にどう思う?」

と、真相が知りたい!!みたいな顏で聞いてくる人が多かった。

 

いや、私も知りたいわ。と思いつつ

 

 

「私たちには知らないことが沢山あって……。

例えば、世界を動かしている人のこととか。色々。

その知ってはいけないことをASKAさんは知ってしまって、

何かに巻き込まれてハメられたって思ってます。

もしくは、国民に隠したい都合の悪いニュースがあったから、

ASKAさんをでっち上げて、そちらに国民の目を向けさせた

とか。もし本当にそうだと、めっちゃ怖いけど」

 

と、答えるようにしている。すると、

 

「私たちの知らないこと」

 

に対して結構話題が広がる。

みんな涼しい顏して、そういう話が好きなんだ。

そして皆、結構、知ってる(^▽^;)

 

 

そして不起訴。

 

ここからは全て私の妄想。

 

 この世界は一握りの大富豪によって牛耳られている。

例えば、アメリカの中央銀行を作った人とか。

金(きん)と物。それを物々交換していた時代は良かったのかもしれない。

それが、金(きん)の代わりとして紙っぺらを価値あるものだとした時から、

世界の価値観がねじ曲がったんじゃないかと思う。

 

私たちは世界の末端に生きていて、世界の偉い人のことなんか知らないし

知らなくてもいい。

私たちは、与えられた器の中で羽を広げて自己満足を見つけて

幸せを感じればいい。

そうして器の中でだったらある程度、何でも許される。

 

それが今回、ASKAさんはその器の中から飛び出してしまったのでは

ないかと思う。

 

例えば、何かの集まりで国の偉い人と会うようなシチュエーションがあって。

何か知ってはいけないことを知った。もしくは意見をした。

そして、ASKAさんと社会を断絶させたいと思う国の偉い人が出てきた。

ASKAさんは器から飛び出して、覗いてはいけない

器を覗いてしまったのではないか。

 

で、今回ASKAさんは無実の罪をきせられた。

 

科捜研が陰性と言ったところで、科捜研に圧力をかけて

陽性にできる人たちがいる。

国の偉い人たちは、冤罪を作るのも、あやめることも平気でする。

 

私の作り話です。

 

 

 

 

自分と向き合う作業9 2度目の逮捕で思ったこと

ASKAさんは1回目の逮捕後、間もなく釈放された。

私の日常は何も変わらない。心の折り合いも大丈夫。

相変わらずその話題になれば、周りと一緒にディスってもいた。

 

700番のブログを読んだ。いくら今は客観的に見ることが

できると言っても、C&Aに大きく影響を受けてたファン。

内容が大変なことになっていたので色んな側面でショックだった。

もう、これ以上自分の心をかき乱さない為に、その後は

意識的にASKAさんのブログは読まないようにして、

情報を入れないようにした。

 

そして訪れた2度目の逮捕。

またか……

この時も、やっぱりファンに戻らなくて良かったという思いが一番に起こった。

テレビをつけたら嫌でもASKAさんのニュースが入ってくる。

 

……あれ?ASKAさんは全力で否定をしている。

そこで初めてASKAさんのブログを見た。

 

全否定。

 

 

そして、ここでアルバムの発売を控えていることも初めて知った。

 

更に綺麗な散文詩の数々。

覚せい剤をしている人にこんな文章が書ける?

こんなに周りに感謝しながら音楽活動で復帰しようとしていた人が

覚せい剤をする?

 

客観的に見ても違和感のカタマリだった。

 

私が元ファンだと知っている友人から冷やかしのようなメールがきた。

デリカシーの足りない友人なので、いつもそんな感じのメールを送ってくる。

 

今まではそれに乗っていたけど、今回は

「やっていないと思う」と、返信した。